2017年4月23日 (日)

(塾の先生方対象)学校説明会

【塾の先生方対象 学校説明会】

(日時) 6月14日(水) 10時30分~12時

 ★5月中旬頃にご案内を送付いたします。

 ★お問い合わせ先 

   ☎045-984-2505 (入試広報部長 小澤) 

合同説明会・相談会(学外)

本校が参加する合同説明会・相談会は以下の通りです。

第12回 2017神奈川私立中学相談会

 (日時)4月30日(日)10時~16時

 (場所)パシフィコ横浜 展示ホールD

シンガポール合同説明会・個別相談会

 (日時)5月27日(土)11時30分~17時

 (場所)シンガポール日本人会 ボールルーム

 ※森村学園・逗子開成・桐光学園・桜美林の4校合同海外説明会です。

 ※本校のホームページ「公開行事等お申込み」から予約してください。

TOMAS主催 個別受験相談会

 (日時)5月28日(日)13時~17時

 (場所)新宿NSビル 地下イベントホール

ベネッセ主催 ベネッセ進学フェア2017

 (日時)5月28日(日)10時~16時

 (場所)東京国際フォーラム 地下2階ホールE

相模大野・町田地区 私立中学合同説明会

 (日時)6月1日(木)10時~14時30分

 (場所)相模女子大学グリーンホール 多目的ホール

神奈川東部私立中高フェスタ

 (日時)6月11日(日)

 (場所)新横浜プリンスホテル

紀伊國屋書店新宿本店・声の教育社共催 受験なんでも相談会

 (日時)6月18日(日)10時30分~16時30分

 (場所)新宿NSビル 地下1階イベントホール

日能研主催 私学フェア2017

 (日時)6月25日(日)9時~16時

 (場所)2会場で実施 青山学院青山キャンパス・相模女子大学

2017神奈川全私学(中・高)展

 (日時)7月17日(祝:海の日)

 (場所)パシフィコ横浜 展示ホールC・D

JOBA学校フェア

 (日時)7月29日(土)11時30分~16時30分

 (場所)ベルサール汐留 イベントホール

海外子女教育振興財団主催 帰国生のための学校説明会・相談会

 (日時)8月1日(火)12時~16時

 (場所)東京都立産業貿易センター台東館

2017年4月22日 (土)

学校説明会のお知らせ

【学校説明会(要予約)】

◎第1回学校説明会

(日時) 6月21日(水) 10時30分~12時30分

    ※5月1日(月)よりホームページで予約を開始します。

    ※中等部で導入している世界標準の母語教育 Language Arts (言語技術)を紹介します。

第2回学校説明会

(日時) 9月17日(日:文化祭第2日目) 時間未定

    ※8月1日(火)よりホームページで予約を開始します。

    ※詳細が決まり次第、ホームページでお知らせします。

第3回学校説明会

(日時) 11月11日(土)14時30分~16時30分

  ※10月1日(日)よりホームページで予約を開始します。

  ※中等部1年生によるパネルディスカッションを行います。

ミニ説明会

(日時) 2018年1月6日(土)10時30分~12時30分

  ※12月1日(金)よりホームページで予約を開始します。

【体育祭】

(日時) 5月26日(金) 9時~15時(予定)

  ※雨天順延

  ※ご来校の際、受付にて「受験希望」である旨をお伝えください。

【オープンスクール(要予約)】

(日時) 8月26日(土) 10時~12時

  ※7月1日(土)よりホームページで予約を開始します。

  ※対象学年 小4~小6

  ※詳細が決まりましたら、ホームページでお知らせします。

【文化祭(みずき祭)(要予約)】

(日程) 9月16日(土)・17日(日)

  ※8月1日(火)よりホームページで予約を開始します。

  ※第2日目は、学校説明会を開催します。

  ※詳細が決まり次第、ホームページでお知らせします。

【入試問題解説会(要予約)】

(日時) 12月9日(土) 14時30分~16時30分

  ※11月1日(水)よりホームページで予約を開始します。

  ※詳細が決まり次第、ホームページでお知らせします。

★予約が必要な公開行事の予約方法

ホームページトップページバナー「公開行事等のお申込み」をクリックしていただき、指示に従って必要事項をご入力ください。

★スリッパ等の室内履きをご持参ください。(体育祭・文化祭を除く)

★駐車場はございません。ご来校の際は、公共交通機関をご利用ください。

2017年4月14日 (金)

管弦楽部 第12回定期演奏会

4月9日(日)、川崎駅前の「ミューザ川崎」において管弦楽部第12回定期演奏会は大盛況のうちに終了いたしました。当日は朝方、雨の降る中でしたが、1600名のお客様にご来聴頂きました。日々の部活動に加えて、早朝練習や休日練習、合宿など練習を積み重ねてきた成果を存分に発揮することができたことと部員一同うれしく思っております。前半はチャイコフスキーの歌劇「エフゲニー・オネーギン」より「ポロネーズ」に続いて、交響曲第1番「冬の日の幻想」という難曲に挑みました。クラシック曲を通じて、基礎を大切に丁寧に演奏すること、パート間のバランスを意識することを心がけました。そして後半は映画音楽を取り上げ、「アマデウス」より交響曲第25番第1楽章、「荒野の7人」のテーマ、「サウンド・オブ・ミュージック」、「ニューシネマ・パラダイス」、「ジェラシック・パーク」組曲をお送りしました。部員が一丸となって自発的に演奏することを心がけましたが、お客様の中には、それぞれの思い出を思い描き、身体でリズムをとられたり、涙ぐまれたりと映画の世界をお楽しみくださいました。お客様とご一緒にその音楽空間を共有できたことが、私たちにとってこの上ない幸せな時間であったと感じております。さらにアンコール・チャイコフスキーの劇付随音楽「雪娘」では、景気よく元気に演奏し終えることができ、たくさんの拍手を頂きました。最後になりましたがこの演奏会を開催にするにあたり、ご協力頂きました関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。(以下はリハーサル中の写真です。)

S__1

S_

S__2

S__3

S__4

2017年4月10日 (月)

第1学期始業式

4月8日(土)、2017年度第1学期始業式が行われました。体育館に並んだ中等部2年生から高等部3年生の生徒たちが、新入生201名を温かな拍手で迎えました。今年度は全校生徒1165名でスタートします。初めに髙橋校長が次のような言葉を述べました。『明確な目標を持つことが大切である。その目標を実現するためには、何を優先して何を我慢するべきか。優先順位によって結果が変わってくる。気分や感情に振り回されず上手に時間を使って欲しい。目標に対してぶれることなく努力することを期待します。』その後、新入生代表挨拶、在校生代表挨拶、表彰式(英検満点賞・新体操部・テニス部・バドミントン部)と続きました。

Photo新入生入場

Photo_3校長先生

Photo_4新入生代表挨拶

Photo_5在校生代表挨拶

1テニス部表彰

2017年4月 8日 (土)

第105期 中等部入学式

時折小雨が混じる4月7日(金)午前、中等部新入生201名の入学式が行われました。今年も管弦楽部の演奏と大きな拍手で迎えられた新入生は、少し緊張した様子で体育館に入場しました。式の始めは校歌斉唱。2月のガイダンスから練習してきた校歌の歌声が体育館に響き渡りました。次に担任が新入生を一人ずつ呼称。元気に返事して起立する制服姿はとてもまぶしく輝いていました。式辞として髙橋校長は次のような言葉を述べました。『創立者森村市左衛門は、激動の幕末から明治期の荒波を乗り越え、日米貿易の先駆者として活躍した実業家です。「依頼心を起こさず、胆力至誠の決心にて困難に打ち勝ち、人類社会の幸福を求める為に奮励努力する」という「独立自営」の精神を礎としました。自らの実業界での経験から「人を育てる」ことの重要性を悟り、その情熱を教育に注ぎました。今年で創立107年。独立自営の精神と、校訓「正直・親切・勤勉」は森村教育の根幹を成し、しっかりと受け継がれています。歴史ある森村学園での6年間、校訓をもとに、真に社会に役に立つ人へと成長することを願っています。6年間の成長の過程は楽しいことばかりではありません。悩みや葛藤、困難が待ち受けているかもしれません。どんなことでも乗り越えてこそ強く、たくましく成長します。中高6年間を過ごす上で、胸に刻んでほしい3つのことを伝えます。一つ目は、「自分からやろう」という前向きな姿勢をもつこと、二つ目は、挨拶の習慣を身につけること、三つ目は読書の習慣をつけることです。6年後、森村学園に入って本当によかったと思えるようになって卒業してほしい。』さらに松本理事長からの祝辞、校長による職員紹介と続きました。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

2017年3月21日 (火)

高等部卒業式

3月20日(月・祝)、高等部卒業式が行われました。管弦楽部による「威風堂々」の演奏と共に、第99期生が式場に入場しました。校歌斉唱の後の式辞で、髙橋校長は次のように述べました。『技術革新やグローバル化が急速に進み、保護主義的な動きも見え始め未来が予測しにくい時代。このような時代だからこそ自己の目標を設定し解決していかなくてはならない。自分の頭で考え、物事の本質を見抜く力を意識的に身につけて欲しい。6年前の東日本大震災では多くの同世代の人たちが犠牲となり、大学受験を諦めなくてはならない人も大勢いました。失ってみて初めてわかる有難さ、絆の大切さに感謝する心を忘れないで欲しい。陰日向になり支えてくださった家族の方々に感謝して欲しい。これからは森村の卒業生としての自覚と誇りをもち、校訓「正直・親切・勤勉」を胸に刻み、創立者が願う「真に社会に役に立つ人」になってください。』 

皆勤賞授与、記念品贈呈、卒業生保護者代表による祝辞、在校生代表からの送辞、卒業生代表からの答辞、卒業式の歌と、今年の卒業式も厳粛に進行しました。司会の林教頭から閉式の合図が出ると、卒業生の一人が進行を止め、卒業生が全員で後方を向き、後輩たち、保護者、教職員への感謝の気持ちを、ピアノとギター、合唱で表現しました。盛大な拍手と温かな雰囲気が式場全体を包み、また一つ、卒業式の「伝統」が受け継がれました。

Hp1_2

Hp2

Hp3

Hp4

Hp5

Hp6

Hp7

2017年3月20日 (月)

3学期終業式・中等部証書授与式

3月18日(土)午前は、中等部3年生の中等部終業式および中等部3年証書授与式、午後は、高等部終業式および卒業式予行練習が行われました。午前の式で、髙橋校長は次のような言葉を述べました。「中等部3年生は義務教育が修了する大事な節目を迎えました。4月からの高等部生活では自分の進路を決定する大事な3年間になります。人はダイヤモンドのような原石で、磨けば燦然と輝き、磨かなければ石ころと同じ。一つのことに挑戦することは人生の大きな支えとなります。挫折や失敗を乗り越えてこそ人は強くなれます。何事も”自分から”という姿勢で高等部生活を送ることができるなら、充実した実りの多い3年間になるでしょう。更に成長することを期待しています。」

Hp1

Hp2

2017年3月15日 (水)

大学受験を語る会

3月14日(火)、「大学受験を語る会」が行われました。高等部1年生・2年生で満員になったホールには、6日後に卒業式を控えた高等部3年生11名が登壇しました。後輩たちからの事前のアンケートを元に、大学受験を終えたばかりの先輩たちが直接後輩たちに語りかけました。「受験勉強中は辛いこともあったけど、部活動で精神力と体力を鍛えられたので乗り越えられた。」「最も辛かった時は、志望校に足を運び、そこに通う自分をイメージした。」「自分は勉強が好きだと思っていたが、受験勉強中は自分の弱さと向き合うことが辛かった。」「時間の管理を徹底した。」「受験勉強のスタートが遅かったので、とにかく量をこなした。」「模試の結果に動じてはいけない。模試でできなかった問題をできるようになればよい。」「学校の自習室を活用した。休憩時間には友達とカフェテリアで昼食を食べたり、グラウンドで体を動かすことが何よりも楽しかった。」先輩たちの経験に裏打ちされた言葉には説得力があり、2時間におよんだ「大学受験を語る会」は有意義な時間になりました。

Img_0835

2017年3月10日 (金)

高等部3年 創立者墓参

3月8日(水)、今年度卒業生のうち10名と保護者代表の方々とで青山霊園にある、森村学園創立者森村市左衛門翁のお墓にお参りしました。6年間の思いを乗せて、手を合わせる生徒たち。一人ひとりどんな言葉を伝えたのでしょう。6年間ありがとうございました。

Img_1896

Img_1908

Img_1910