2018年9月20日 (木)

文化祭(みずき祭)

40周年となった今年度のみずき祭のテーマは「秋桜」。これからもみずき祭が、貴方に花々のような笑顔を咲かせることができる場所であることを願い、生徒たちが決めたテーマでした。実行委員長を中心とした生徒会執行部がリーダーシップを発揮し、各団体が力を合わせて準備を進めてきたことをお伝えできたと思います。

今年もたくさんのお客様にお越しいただき、心から御礼申し上げます。

Dt2a7830

Dt2a7827

_63r6770

Dt2a7620

_63r6214

_63r6259

_63r6587

_63r6317

_63r6623

_63r7308

2018年9月 7日 (金)

「みずき祭」について(受験をお考えの皆様へ)

<開催日時> 

9月16日(日)11:30~17:00 および 17日(月・祝) 9:30~16:00

*プログラムにつきましては、トップページのバナーでご確認いただけます。

 <受験希望者の事前入場受付について>

中等部への受験をお考えの方は、本校のホームページより事前に入場受付ができます。これは、入場時における正門付近の混雑緩和のためですので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 ◎受付方法

①ホームページのトップページにある「公開行事等お申込み」バナー(緑色)をクリックしてください。

②「ログインして申し込む」ボタンをクリックしてください。(ID登録が必要です。)

③ログイン後、「イベント一覧」画面から「文化祭(みずき祭)第1日目」もしくは、「文化祭(みずき祭)第2日目」を選び、「詳細/申込」ボタンをクリックして必要事項を入力してください。

④すべての質問事項に回答をご入力後、「受付票」ボタンが表示されます。

⑤「受付票」ボタンをクリックし、受付票をプリントアウト(A4サイズ)してください。

 ◎文化祭(みずき祭)当日

本校の正門で「ホームページ予約済み受付カウンター」にお並びください。その際に、上記⑤でプリントアウトした「受付票」をご提出ください。

 ◎その他

*両日ご来校される方は、お手数ですがホームページで「第1日目」と「第2日目」の両方をお申込みください。ご来校の際はそれぞれの日の「受付票」をご用意いただき、正門受付にてご提出ください。

*ホームページでの事前受付をされていない方は、正門受付にて「来校者カード」をご記入の上、ご入場ください。

2018年9月 1日 (土)

平成31年度(2019年度)募集要項

平成31年度(2019年度)の募集要項(一般入試・帰国生入試)が完成しました。HPでは、トップページのバナー(最上段)、もしくは「受験生の皆様へ」から「募集要項」のページにお進み頂きご覧いただけます。

第2学期が始まりました

9月1日(土)、第2学期がスタートしました。朝ホームルームの時間を利用して、「大地震対応訓練」を実施しました。生徒たちは机の下に隠れ机の脚をしっかりとつかむなど、担任からの指示に基づき落ち着いて行動をしていました。ホームルームが終わり、次は体育館にて始業式が行われました。まず初めに、ドイツからの留学生の紹介、新任の先生の紹介が行われました。その後、髙橋校長は、京セラの創業者稲盛和夫氏のエピソードに触れ、「新学期は新たなスタートのチャンスです。本当に変わりたいならば基礎からやり直すことです。勉強は根本がわかることによって加速します。普段の学習に加えてプラスアルファの努力ができるかどうかが大切です。」と全校生徒に語りました。次は表彰式。中等部高等部ともに全国大会に出場した新体操部、神奈川の選抜選手としてU18フットサル大会で優秀な成績を収めた高等部女子の3選手、陸上競技部(中高男女)、テニス部(中高男女)に賞状等が授与されました。最後は生徒総会。中等部生徒会役員、高等部生徒会役員、各委員会の委員長の承認の後、2週間後に迫る「みずき祭」の実行委員長から生徒たちへメッセージを送りました。

180901_1

180901_3

180901_8

180901_9

180901_10

180901_11

180901_12

180901_13

180901_14

180901_17

180901_18

180901_19

2018年8月14日 (火)

オーストラリア語学研修⑧

ジーロンググループもホストファミリーを招いて、フェアウェルパーティを行いました。生徒達は修了書をひとりひとり受け取った後、ファミリーにむけて順に感謝の気持ちを伝えました。そして歌とダンスのパフォーマンス。ダンスではホストシスターの飛び入り参加もあり、大いに盛り上がりました。またジェニー先生から、この期間中に誕生日を迎えた生徒2人にサプライズのプレゼントがあり、みんなでお祝いしました。その後も写真を撮ったり、互いにファミリーを紹介したり、心温まる楽しい時間を過ごすことができました。 翌日、最後の授業を終え、一番お世話になったジェニー先生にお礼のカードを渡し、一緒に記念撮影をしました。 生徒達は最後の最後まで、お世話になった先生方や仲良くなった現地の生徒さん達と別れの時を惜しんでいました。どの生徒も全力でこの3週間のプログラムをやり切りました。

1

2

3

4

5

6

7

2018年8月11日 (土)

オーストラリア語学研修⑦

メルトンクリスチャンカレッジでは、フェアウェルパーティーを行いました。生徒達はコツコツと心を込めて作ったギフトを、それぞれのホストファミリーに渡しました。手紙を読む手や声は震えていましたが、3週間の想いと感謝を英語で伝えることができ、充実した表情 を見せていました。パーティーの後半では、たくさん話し合って準備したパフォーマンスを発表しました。校歌、空手、浴衣と盆踊り、けん玉、ピアノ演奏、スキヤキsong。躍りや歌詞、全体の流れの確認を確実に行い、発表に望みました。「今までで一番良いフェアウェルパーティーだったよ!」とホストファミリーに言ってもらったことで、自分たちの想いが伝わったことを実感できたようです。今週末を過ごしたら、いよいよ研修は終わります。生徒達には最後まで思いきって楽しみ、ここでの研修が更なる成長や自信に繋がるものになるよう、また、ここで出会った人達との絆を大切に、過ごしてほしいと思います。

以下、生徒の日記より
「フェアウェルパーティーは緊張したけれど、ファミリーに喜んでもらえて本当によかった。手紙では3週間分のありがとうを伝え切れないから、あとの数日間たくさん話して伝えたい。残りの時間もどんどん英語で声をかけて、自分に自信が持てるように、後悔のないようにできるだけのことを一生懸命やりたい。
 

3_2

1_2

オーストラリア語学研修⑥

ジーロンググループは先週と今週に、それぞれ2回訪問する機会をいただきました。限られた時間の中で、生徒達はいろんなアイディアを出しながらプログラムを考え、小道具を用意して対面に備えました。幼稚園では、歌のプレゼントの後、外と室内のチーム分かれて遊びました。外遊びではブランコや砂場など、様々な遊具で楽しみました。ずっと走り回っている子もいて、汗だくなった生徒もいました。室内では1回目は折り紙、2回目は塗り絵や日本から持っていったバルーンアートを楽しみました。老人ホームでは、各自が散らばって交流した後、お別れの前にソーラン節のパフォーマンスとサンタルチアを歌いました。音楽の授業で習ったので、みんなで歌えることから、この曲を選びましたが、お年寄りの方々も一緒に歌ってくださり、大いに盛り上がりました。
貴重な経験と素敵な思い出となりました。

1

2

4

7

6

2018年8月 5日 (日)

グローバル研修⑦

16日間にわたる「グローバル研修」は、8月4日(土)、参加生徒が無事に帰国し、終了いたしました。グローバル研修の様子は、9月17日(月:文化祭2日め)に参加生徒たちが発表する予定です。

 

Img_0500

オーストラリア語学研修⑤

2週目に入り、ジーロンググループも本格的に授業に参加しています。男女関係なく4名ずつ3グループに分かれ、CORE(国語・数学・歴史などの基礎)の授業の他、化学・体育・音楽・美術などに取り組んでいます。先生や生徒の皆さんに温かく迎えてもらい、戸惑っていたのは最初だけで、今ではのびのびと授業を受けています。8月に入って、日本語を学んでいるクラスに参加する機会がありました。まず森村生がプロジェクターを使って日本の文化を発表しました。特に関心を持っている生徒さん達なので、どの発表にも熱心に耳を傾けてくれました。その後は少人数のグループに分かれ、教室を出て、学校内を回りながら協力してクイズを解いたり、それぞれの国独自の有名なキーワードを互いに説明し合ったりして、積極的にコミュニケーションをとることができました。顔見知りもたくさん増えて、すれ違うたびに声をかけてくれたり、昼休みにはお弁当やスポーツに誘われて、忙しく毎日を過ごしています。

Image1

Image3

Image4

Image5

Image6

2018年8月 1日 (水)

オーストラリア語学研修④

2週目に入り、生徒達はリラックスした雰囲気で、英語を使う生活を送っています。先週の見学研修ではバララット自然動物公園を訪れました。オーストラリア固有の動物について、飼育員さんから説明を受け、一生懸命に聞き入っている姿が印象的でした。毎日の英語研修の後は、現地校の生徒達との交流です。道徳の授業ではグループディスカッションがあり、難しさを感じながらも自分の意見を伝えようとしていました。

以下、生徒の日記より。
 
「移動中の車内でも学校でも、会話が途絶えてしまい、沈黙ができることがある。現地の人達は本当に親切で有難い。明日から少しでも沈黙を減らして、一分一秒でも、多くの人との英語での会話を楽しめたらと思う。」
 
「私のホストマザーはよく、これは日本語で何て言うの?と聞いてくれる。きっとそれは、私が会話に入るために、してくれていることだと思う。とても優しい。感謝している。」
 

Dsc_2060

Dsc_2080

Dsc_2061

Dsc_2068

Dsc_2264

Dsc_2252