2017年3月21日 (火)

高等部卒業式

3月20日(月・祝)、高等部卒業式が行われました。管弦楽部による「威風堂々」の演奏と共に、第99期生が式場に入場しました。校歌斉唱の後の式辞で、髙橋校長は次のように述べました。『技術革新やグローバル化が急速に進み、保護主義的な動きも見え始め未来が予測しにくい時代。このような時代だからこそ自己の目標を設定し解決していかなくてはならない。自分の頭で考え、物事の本質を見抜く力を意識的に身につけて欲しい。6年前の東日本大震災では多くの同世代の人たちが犠牲となり、大学受験を諦めなくてはならない人も大勢いました。失ってみて初めてわかる有難さ、絆の大切さに感謝する心を忘れないで欲しい。陰日向になり支えてくださった家族の方々に感謝して欲しい。これからは森村の卒業生としての自覚と誇りをもち、校訓「正直・親切・勤勉」を胸に刻み、創立者が願う「真に社会に役に立つ人」になってください。』 

皆勤賞授与、記念品贈呈、卒業生保護者代表による祝辞、在校生代表からの送辞、卒業生代表からの答辞、卒業式の歌と、今年の卒業式も厳粛に進行しました。司会の林教頭から閉式の合図が出ると、卒業生の一人が進行を止め、卒業生が全員で後方を向き、後輩たち、保護者、教職員への感謝の気持ちを、ピアノとギター、合唱で表現しました。盛大な拍手と温かな雰囲気が式場全体を包み、また一つ、卒業式の「伝統」が受け継がれました。

Hp1_2

Hp2

Hp3

Hp4

Hp5

Hp6

Hp7

2017年3月20日 (月)

3学期終業式・中等部証書授与式

3月18日(土)午前は、中等部3年生の中等部終業式および中等部3年証書授与式、午後は、高等部終業式および卒業式予行練習が行われました。午前の式で、髙橋校長は次のような言葉を述べました。「中等部3年生は義務教育が修了する大事な節目を迎えました。4月からの高等部生活では自分の進路を決定する大事な3年間になります。人はダイヤモンドのような原石で、磨けば燦然と輝き、磨かなければ石ころと同じ。一つのことに挑戦することは人生の大きな支えとなります。挫折や失敗を乗り越えてこそ人は強くなれます。何事も”自分から”という姿勢で高等部生活を送ることができるなら、充実した実りの多い3年間になるでしょう。更に成長することを期待しています。」

Hp1

Hp2

2017年3月15日 (水)

大学受験を語る会

3月14日(火)、「大学受験を語る会」が行われました。高等部1年生・2年生で満員になったホールには、6日後に卒業式を控えた高等部3年生11名が登壇しました。後輩たちからの事前のアンケートを元に、大学受験を終えたばかりの先輩たちが直接後輩たちに語りかけました。「受験勉強中は辛いこともあったけど、部活動で精神力と体力を鍛えられたので乗り越えられた。」「最も辛かった時は、志望校に足を運び、そこに通う自分をイメージした。」「自分は勉強が好きだと思っていたが、受験勉強中は自分の弱さと向き合うことが辛かった。」「時間の管理を徹底した。」「受験勉強のスタートが遅かったので、とにかく量をこなした。」「模試の結果に動じてはいけない。模試でできなかった問題をできるようになればよい。」「学校の自習室を活用した。休憩時間には友達とカフェテリアで昼食を食べたり、グラウンドで体を動かすことが何よりも楽しかった。」先輩たちの経験に裏打ちされた言葉には説得力があり、2時間におよんだ「大学受験を語る会」は有意義な時間になりました。

Img_0835

2017年3月10日 (金)

高等部3年 創立者墓参

3月8日(水)、今年度卒業生のうち10名と保護者代表の方々とで青山霊園にある、森村学園創立者森村市左衛門翁のお墓にお参りしました。6年間の思いを乗せて、手を合わせる生徒たち。一人ひとりどんな言葉を伝えたのでしょう。6年間ありがとうございました。

Img_1896

Img_1908

Img_1910

2017年2月19日 (日)

編入学試験のお知らせ

<編入学試験のお知らせ>

以下の通り、編入学試験を実施いたします。詳細は、「編入学試験募集要項」(HPのトップバナー)でご確認ください。

募集学年

平成29年度 高等部1年・高等部2年

出願資格

①受験時において海外に居住し、滞在国の学校に募集該当学年の学籍を有しており、かつ入学後は保護者のもとから通学できる者

②編入学時点での本校の学習進度に順応できること。(「前年度相当学年の使用教材」の項を参照して下さい。)

試験日

平成29年3月8日(水)

2017年2月17日 (金)

第39回合唱コンクール(中等部)

2月16日(木)、みなとみらいホールにて、「第39回合唱コンクール」が開催されました。「音楽の授業だけでなく、早朝や放課後にもクラス全員で時間を作り、練習を重ねてきました。」という中1の山本くんの開会の辞でコンクールが始まりました。その後、全員起立しての校歌斉唱、中1、中2、中3の合唱とコンクールは進行しました。今年はインフルエンザの流行が例年より早く、音楽の授業ではクラス全員が揃っての合唱練習が十分にとれないという状況の中で、どのクラスも持てる力を十分に発揮した合唱でした。校長先生の講評および成績発表、中3の近藤くんによる堂々とした閉会の辞で今年の合唱コンクールも幕を閉じました。

各学年の優勝クラスおよび曲目は以下の通りです。 

中等部1年 A組 自由曲「この空の青さよ」

中等部2年 E組 課題曲「明日に渡れ」 自由曲「君と歩こう」

中等部3年 E組 課題曲「予感」 自由曲「二十億光年の孤独」

Img_0728_2

前日のリハーサル(中1)

Img_0745

本番直前にクラスの団結を高める

Img_0739

最上級生に相応しい合唱(中3)

2017年2月10日 (金)

管弦楽部 第12回定期演奏会

【管弦楽部第12回定期演奏会のお知らせ】

管弦楽部は、下記の通り定期演奏会を予定しております。毎年多くのお客様にご来場いただき、部員一同大変嬉しく思っております。現在同演奏会に向けて、練習に励んでおります。その練習の成果をご来聴いただけましたら幸いです。ご入場は無料ですが、お申し込みが必要となります。(*誠に申し訳ございませんが、未就学のお子様のご入場はご遠慮いただいております。何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。)

<開催日時>
平成29年(2017年)4月9日(日)
 開場12:30 ロビーコンサート12:50 開演13:30

<場所>
ミューザ川崎シンフォニーホール
 詳細はトップページのバナーをご覧ください。

<お申し込み方法>
❶氏名・❷フリガナ・❸学年(任意)・❹メールアドレス・❺電話番号・❻ご希望入場者数をご記入の上、トップページのバナーをクリックしていただき、チラシ裏面のメールアドレスもしくは、QRコードよりお申込みください。こちらからあらためてご返信いたします。なお、締め切りは4月3日(月)とさせていただきます。


皆様のご来場を心からお待ち申し上げます。

2017年1月23日 (月)

高等部2年 京都・奈良修学旅行

1月17日(火)から20日(金)にかけて、高等部2年生は修学旅行で京都と奈良へ行きました。前日までの大雪の影響で新幹線が一部区間徐行運転をする中、まずは京都の醍醐寺へ。まだ雪が残る醍醐寺では金堂にて法要の後に雨月茶屋にて昼食、その後は茶道や華道、写経などのグループに分かれて京都の文化体験、そしてさらには霊宝館において舞妓さんによる舞を鑑賞しました。その後、宇治にて夕日に染まる平等院鳳凰堂を見学し、奈良のホテル「ニューわかさ」に宿泊です。2日目は東大寺、法隆寺、薬師寺とめぐり昼には近鉄奈良駅に到着、そこからは班別の自主研修です。今夜の宿である京都のホテル「花かんざし」まで、それぞれが自分たちで設定したルートで向かいます。早く京都へ行くグループもあれば奈良に残り散策をするグループもありました。3日目は市内タクシー研修です。2日目とは違う班で今度は京都市内を見学しました。生徒の人気No1はやはり清水寺です。他にも伏見稲荷神社、金閣寺など各班が事前に調べ設定したルートを運転手さんの解説と共にまわりました。また、夜には生徒が企画したイベントもあり大いに盛り上がりました。最終日はクラス別の研修となります。錦市場や和菓子作り体験、寺院や祇園花月など、クラスごとに希望するコースをまわりました。そして午後4時半の新幹線で京都を出発、夕方には新横浜に到着し解散となりました。宿泊行事では普段学校では見ることができない生徒の違う一面を見ることができます。また、高等部の修学旅行ともなると本校に入学してからの5年間、本校で何をしてきたのかが全て出るように思います。この研修旅行で見せてくれたひとりひとりの行動力が、それぞれの希望する未来へとつながることを切に願っています。

17_3

17_4

17_12

17_14

17_17

2017年1月17日 (火)

高等部1年 国際交流会

現在高等部1年には1年間共に学校生活を過ごす香港からの留学生がいます。その留学生の所属する留学団体のご協力のもと、日本に留学に来ている様々な国出身の留学生(タイ、スウェーデン、ドイツ、ニュージーランド、チリ)を招いて国際交流会を行いました。以下、参加生徒のレポートです。 

今回、6か国から日本に留学に来ている、出身の違う6名の留学生をむかえ、総勢30名程で国際交流会を行いました。校内をご案内し、茶室では実際にお茶をたてていただき、留学生は本物の茶道を体験しました。留学生の皆さんからも出身の国についてそれぞれ紹介していただき、私たちの知らない文化に沢山触れることができ、とても有意義な時間にすることができました。英語ではない様々な言語で自己紹介の仕方を教えてもらい、また早口言葉にも挑戦しました。今回来てくださった留学生の皆さんはとても日本語が上手で、英語に自信がある人もそうでない人もすぐに打ち解けることができました。交流会は異国の文化に触れるとても良い時間になりました。6名の留学生の皆さん、ありがとうございました。

20170114_15_30_43_2

20170114_15_52_08_2

20170114_16_12_41_2

20170114_16_56_28

2017年1月 6日 (金)

合唱部ボランティア公演

年の瀬迫る12月26日(月)、今年も合唱部は、南町田の老人ホーム「鶴の苑」にボランティア公演に出かけました。今年で6回目となり、この行事も恒例となりました。この日が通所の曜日でない方も、毎年いらしてくださり、今年もぜひ……と、特別にいらしてくださった方もありました。暦の関係で今年はクリスマスの翌日になってしまいましたが、それでも「クリスマスコンサート」と称し、暖かくお迎えくださいました。「合唱」という身体が楽器となる音楽活動であるため、ベストコンディションで臨むことは必須条件ですが、11月よりインフルエンザや胃腸炎が流行り、体調管理にはとても気を遣いましたが、全員元気に公演を楽しむことができました。今年は懐かしい童謡や新しいクリスマスキャロルメドレーに、レパートリーを広げました。また、震災の復興ソングも手話をつけて歌いました。ご存じの曲は一緒に口ずさんでくださったり、一緒に手話をしてくださったり、会場も一緒になって合唱を楽しんでくださいました。そして「天使の歌声ね……」と最後には涙を流しながら拍手をしてくださいました。文化祭の公演とは性格の異なるこの公演で、私達もいろいろなことを学ばせていただきます。鶴の苑の皆様方、どうもありがとうございました。

Dscn0141

Dscn0162

Dscn0184

Dscn0185

Dscn0146

Dscn0150